SPECIAL CONTENTS

特集記事


いよいよ発進!ヤマハのLMWトリシティ300が9月30日発売

2020/08/27 新製品・バイク

転びにくいスクーターとして老若男女に人気のヤマハさんのバイク「トリシティ」

親玉のナイケン(NIKEN)はマニュアルバイクだからちょっと違うかも知れませんが、フロント2輪兄弟は着実に増えています

そんな中、昨年のモーターショーで発表されたトリシティ300がついに発売決定!
雑誌などでは「日本では250cc版で発売されるんじゃないの?」みたいな声がありましたが、私は300で出ると予想してました
ええ、諜報力は結構自信あります・・・
ある筋から仕入れてましたんで(ドヤ!)

まあ、後からならなんでも言えますからね 信じるか信じないかはあなた次第です



と、前おきはこれくらいにして
気になる価格は957,000円 [消費税10%含む](本体価格 870,000円)となかなかのいいお値段
これもほぼ予想通り

ちなみに画像のカラーは3色展開のうち、一番売れそう?なカラー、ブルーイッシュグレーソリッド4(グレー)

乗って見たいなあ

トリシティ300の特徴としては

“フロント二輪、そしてリア一輪。ユニークで先進的なLMWテクノロジーは、さまざまな路面状況でライダーのテクニックを効果的にアシストし、爽快感と安定感を両立します。主に「パラレログラムリンク」と「片持ちテレスコピックサスペンション」で構成されるLMWテクノロジー。「パラレログラムリンク」は、コーナリング時にフロント二輪と車体を同調させ、リーンさせる機能です。二輪の接地幅の変化も少なく、バイクで馴染みのある自然な操作感と乗りやすさを味わえます。フロントホイール内側に片側2本ずつのフォークを持つ「片持ちテレスコピックサスペンション」は、軽快な走りに貢献。左右それぞれに設けられたタンデムフォークが、自然なハンドリング特性と優れたクッション性も実現しています。”
※ヤマハ発動機販売公式ウェブより引用 https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/tricity300/

なんだか難しいことがいっぱい書いてあるけど
要するに「前側に2つタイヤあるから乗り心地も良くて安定してるぜ」ってことです

写真のカラーは最近流行の艶消し塗装、マットグレーメタリック6(マットグレー)

スペックを見てみると

全長/全幅/全高 2,250mm/815mm/1,470mm
シート高 795mm
軸間距離 1,595mm
最低地上高 130mm
車両重量 237kg
燃料消費率*1 国土交通省届出値
定地燃費値*2 38.4km/L(60km/h) 2名乗車時
WMTCモード値 *3 31.5km/L(クラス2, サブクラス2-2) 1名乗車時

となってます

え、237kg?? ちょっと重いんじゃないかなあ〜 と思ったのは秘密です
300ccのパワーでどこまで、って思うけどヤマハさんの元気なエンジンだから問題なしでしょう

気になるのはこの巨体を走らせる駆動系の消耗具合ですよ・・・
ベルトやプーリーの摩耗が早そう

ちなみにここで紹介しているカラーはちょっと変化球だな、と思った
マットダークグレーメタリックA(マットグリーニッシュグレー)です
ミリタリーちっくで個人的にこれが好き♪


さあ気になったらヤマハさんの公式ウェブサイト(←クリックで移動)をチェック

 << 前のページに戻る